ダイエットピルとして使われるゼニカルとグルコバイ

グルコバイという薬があります。
この薬にはアカルボースという成分が含まれています。
この薬の主な効果としては、食後の血糖の上昇を抑えるという作用があり、現在では主に糖尿病の治療薬として広く使われています。
血液中にある糖質は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンによって調節されています。
しかしこのインスリンというホルモンの働きが悪くなってしまうと、糖質の調整ができなくなるので、体の中で不調が生じてしまいます。
これが進むと糖尿病になるのです。
これを放っておくと手合いがしびれてしまったり、目の病気に繋がったりします。
しかしこの薬を服用することによって、食後の急激な血糖の上昇を抑えることができるので、さまざまな合併症の予防をすることができます。
小腸の腸管に存在するグルコシターゼという酵素は、砂糖や炭水化物をブドウ糖に分解するという働きを行っています。
この薬を服用することによってその働きを阻害し、ブドウ糖への分解速度を遅らせることができます。
その結果、ブドウ糖が体内にゆっくりと吸収されることになり、食後の過血糖の状態も抑えることができるのです。

ゼニカルという薬は、体の中に入った脂肪分を吸収されにくい状態にする効果があります。
体の中に入った脂肪分は、リパーゼという酵素の働きによった細かく分解されて吸収されやすい形になります。
しかしこのゼニカルの効果によってリパーゼの働きが阻害されます。
その結果脂肪は細かく分解されなくなり、吸収もされなくなりそのままの形で体外に排出されてしまうのです。
すなわち肥満の防止ができると言うことなのです。